寝る前に思い出したことですが

なんだかんだで怒ったり、凹んだり…でも夜寝る前には一つだけクスッと笑えることを思い出してから

無事でよかったと言えばいいのだけど

まず、笑えない。

目の当たりにして私自身固まった。
さらに、その情景がなぜか超スローモーションに見えた。

昨日の朝、出勤時、駅でホームへと向かう階段を下る時にそれは起きた。

若くもないが年配でもないスーツ姿の男性が、階段の手すりを必死につかんでいた。
右手はいわゆる逆手で手すりをつかみ、左手はそれをカバーするように順手。
そして、ゆっくりと頭が階段の下方向に、右足左足で何とか階段に引っかかっていた。
なんであんな体勢なのか、両手でがっしり手すりをつかんでいなければ
間違いなく頭から階段の下に落ちていく状態。

何が起きて、そのような体勢になったのかわからない。
どうして、そんなにゆっくりとした動作で事件と呼べるほどの状態になったのかも
どう考えても分からない。

ふざけているわけでもないだろうに。
まわりの人も手助けするわけでもなかったし。
結局自力で立ち直れそうだったし。

まぼろしだったのかも…

いや、やたら鮮明に覚えてる。

未だに悩む私。

f:id:Toyohisa:20190730230923p:plain

マーナ Shupatto(シュパット) コンパクトバッグ M トライアングル

マーナ Shupatto(シュパット) コンパクトバッグ M トライアングル

シュパット コンパクトバッグ L 赤

シュパット コンパクトバッグ L 赤

マーナ Shupatto(シュパット) コンパクトバッグ L ネイビー

マーナ Shupatto(シュパット) コンパクトバッグ L ネイビー