読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうせなら笑って過ごそうよ!

闘う杏子さんのお話 日常の中の笑いの数々 笑って過ごしても泣いて過ごしても同じ一生。それなら笑って過ごしたい!

あのぉー  その半分という根拠は何ですか?

いまだに時々思い出して
なんとか
ちゃんとした理由を導きたいと
真剣に思っている

1か月以上前のことだけど
スーパーでネギを買った

そのまま持って帰るには
長くて袋からはみ出してしまい
嫌なので

いつものようにレジで

「半分に切っていただけますか?」

とお願いする

店員さんも

「ハイ!」

と快く 包丁とまな板を取り出した

私は何だか嫌な予感がしていた

シックスセンスというものか

その店員さん
明らかに
入ったばっかりのアルバイ
おまけに女子高生

その彼女は
厳かに包丁を手に取り

ここぞと言う場所で
スパっと切れ味爽快
真っ二つ

私の心は
爽快とは真逆

どう見ても
右側 三分の2ぐらい
左側 三分の1ぐらい

半分と呼ぶには
あまりにも
配分が悪い

おまけに
切った彼女は
ドヤ顔で

「これでいいですか?」
と尋ねて来る

心に一点の曇りもないらしい

そこで文句を言うほど
私は若者に厳しくないつもり

「ありがとう」
と物事の良し悪しには全く触れず
感謝の気持ちも
いつもの10分の一ぐらいで
その場を穏便に済ませた

でもなー
半分って
若者の間では
2分の1じゃないんだろうか…

ネギの緑の部分は
考慮せずに切るのが
今時なのか…

それでもおかしいぞ!

どこをどうひねったら
こんな配分にたどり着くのか…

あの時文句言った方がよかったのかも

貝印 Cookfile ねぎスライサー DH-2264

貝印 Cookfile ねぎスライサー DH-2264

ねぎ 肩たたき面白グッズ通販

ねぎ 肩たたき面白グッズ通販