どうせなら笑って過ごそうよ!

闘う杏子さんのお話 日常の中の笑いの数々 笑って過ごしても泣いて過ごしても同じ一生。それなら笑って過ごしたい!

大相撲夏場所 2日目_マスA席 at 向こう正面

大相撲観戦は
土俵の周り
四方に座席があり
東と西
正面と向こう正面がある

向こう正面は
正面ではない
(そんなの分かってるけど)

テレビで
相撲の取り組みの
背後に映り込んでいるのは
向う上面なんですな

わーい

相撲の取り組みを
じっくり見るには
本当にいい席です

西とか
東だと

まずは
力士のお尻のアップから
始まるから

ただし
横綱の土俵入りは
正面向くので
日馬富士白鵬
お尻のアップを見る羽目になった

マスA席は
四角く区切られた場所に
座布団が4枚

狭いんです

私たちは3人で観戦だから
まだまし
いわゆるお茶屋さん経由で
チケット買った人は
ぎっちり4人で座り
その上
お弁当とお土産の入った
大きな紙の買いもの袋を
人数分渡されてしまう
激狭になってしまうの
ちょっと悲しい情景

どこがお茶屋さんの持ってる座席かは
すぐ分かる

だって
人数分の湯呑ちゃわんが
お盆の載せられ
ちょこんと置かれている
そこに日本手ぬぐいの布巾が
かぶせられてる

お茶屋さんで
チケット買った人は
入口が違う
入ると
長屋みたいな感じで
たくさんの
お茶屋さんが並んでいる
チケットを出すと
古風ないでたちの
おにいさんやおじさん
たまに おじいさんが
座席まで案内してくれる

座席にはベルだか
なんだかがあって
それを押して
おにいさんかおじさん
たまにおじいさん(しつこい?)を
呼ぶ
そしてビールやいろいろ注文できる

私は自力で並んで買ったから
そんな人はいない
なんでも自分で買いに行かなければいけない

それでいいの

売店見るの
楽しいよー

おりがみ工作ブック5 ゆかいなトントンずもう

おりがみ工作ブック5 ゆかいなトントンずもう

Shock Price 500 トントン相撲

Shock Price 500 トントン相撲