どうせなら笑って過ごそうよ!

闘う杏子さんのお話 日常の中の笑いの数々 笑って過ごしても泣いて過ごしても同じ一生。それなら笑って過ごしたい!

大相撲5月場所 枡席チケット入手までの負けられない戦い2015_整理券までの道

今年もその季節がやってきた

4月3日金曜日 午前7時より整理券配布開始

朝4時起床
ばたばたと準備
6時ちょっと過ぎにJR両国駅に到着

どれくらいな並んでるだろう?

げげっ!

寝袋組が多い!

毛布にくるまって寝てる人が何人もいる!

明らかにヤバイ

早歩きで両国国技館をぐるりと囲むような
行列の最後尾を探す旅に出た

あーあ 去年よりもはるかに長い

もっと早く出てくれば良かった
後悔してもおそいけど

最後尾さん どこですかぁー?

歩けども 歩けども 
たどりつかない

ほとんど両国国技館の裏の門みたいな場所が
見えてきた時
最後尾の存在も見えた

あんなに向こうだったなんて
走り始めた私

すると
反対側から とぼとぼ歩いていた
じっちゃまが
私をライバル視して走り出した

たぶん そのまま走っていたら
私は勝利したことだろう

が、しかし、
私には良心があった
こんなところで
お年寄り一人とはりあって
先に並んでもうれしくない

じっちゃまはこれで最後の相撲観戦に
なるかもしれない

私は走るのをやめた

そして 
じっちゃまは勝者となった

その後ろに並ぼうと思っていると
なんと
じっちゃまには連れがいた
奥様だ

結局二人の後に並んだ私

まだ整理券配布までは
40分以上あった

おもむろに
コーヒーを入れてきた水筒をだし
モーニングコーヒータイムとすることにした

4月上旬の早朝は以外と寒い
あったまる~

じっちゃまとばっちゃまは
朝からハイテンション

あ、ハトがいる!
あ、桜がきれい!
あ、ナントカ!
あ、カントカ!

お元気です

そのうち寝袋やテント片付け始めたのか
列が短くなったようで
ちょっとずつ前に進んだ

そして7時になると
列全体が動き始めた

それでも正面の
整理券配布所までは
まだかなりの距離

たどり着いたのは
それから20分後だった

私の入手した整理券は
マス・タマリ席用の300番

確か去年は270番くらいだった
微妙

翌日4月4日 土曜日の午前11時くらいに
来ていれば良さそうだ

最初の戦いはこうして幕を閉じた

私はその足で会社へ向かった

その日一日
眠くてしょうがなかったことは
言うまでもない

明日ちゃんと枡席とれるかなぁ

不安だらけだった