どうせなら笑って過ごそうよ!

闘う杏子さんのお話 日常の中の笑いの数々 笑って過ごしても泣いて過ごしても同じ一生。それなら笑って過ごしたい!

漢字ってのは奥が深い

年を取ると頭の中のデータベースが多くなりすぎて
度忘れがよくある

特に漢字

手紙とか文字を書く機会が減ったせいか

電話で人の名前を聞いた時とか
 
「ナントカのナントカって言う字です」

その時はわかってるつもりなのだが
一部のパーツが思い出せない。

今はパソコンとかで簡単に調べられるからいいけど

そこで思い出した

小学生の頃の漢字テスト

直前まで必死に教科書とか見て覚える

先生の

「始めまーす!教科書閉じて!」

で覚悟を決める

ちょうど後ろあたりの男子の会話が聞こえた

「アツイってどんな字だった?」
「ヒの下にモノだよ」
「そっか よし!」

私配られた問題見てびっくりしたね

アツイが出てる

やったー

テスト終わって 確認してビックリ

アツイ 間違えた

ヒの下にモノ

私 火の下に物って書いた・・・

日の下に者だったわ・・・

だよなー

なんか意味的にあってる感じだったけど

読めないと恥ずかしい漢字

読めないと恥ずかしい漢字