どうせなら笑って過ごそうよ!

闘う杏子さんのお話 日常の中の笑いの数々 笑って過ごしても泣いて過ごしても同じ一生。それなら笑って過ごしたい!

年末年始のあれこれ その3 トドメの後日談

大晦日の朝、母はレッカー車のお家に、
代金の支払いに行ってきた。

お金はもちろん、近所のよしみで年末に飛んできてくれた恩人に、
とっておきの日本酒1本を贈呈したそうだ。

結果、我が家の新年のお酒が少なくなった。

私は飲まないからいいけど、ほかのメンツはさぞかし物足りなかっただろう。

一番いい大吟醸が消えていたのだから。

私は思う。

命の恩人に一番いいお酒を上げるくらいで済んでよかったじゃないか!

こうして、私は2015年を迎えた。

悪いことはすべて2014においてきた気分です。