どうせなら笑って過ごそうよ!

闘う杏子さんのお話 日常の中の笑いの数々 笑って過ごしても泣いて過ごしても同じ一生。それなら笑って過ごしたい!

ただの通りすがりのツボ

なんと言いましょうか…

たまたまボ~っと歩いてたんですね私。
誰かが前を歩いてるなぁ位の感覚でしたわ。
そしたら、前方で電話が鳴って、
「はい」と前にいたお方が電話に出たわけですよ。
至って普通の光景です。
その時やっと前を歩いていたお方が男性だと気が付いたくらい。
相手の話に対する返事だと思うのですが、

「あぁ、その件なら ハゲタがやってますから、ハゲタに聞いてください。
よろしく。」

と聞こえてきました。

そんな、いきなりの笑のツボ。
その方の頭ピッカピカに輝いていてですねぇ。
後ろにいるから笑っても大丈夫だけど、声は出ないように気を付けました。

禿多

そんな名前無いよなー。

禿田

違うか。

頭にひとつ漢字しか浮かんでこない。

後で考えると、

羽毛田

だな。きっと。

f:id:Toyohisa:20140827221515j:plain

うきうきロールピアノ AY-8625

うきうきロールピアノ AY-8625