どうせなら笑って過ごそうよ!

闘う杏子さんのお話 日常の中の笑いの数々 笑って過ごしても泣いて過ごしても同じ一生。それなら笑って過ごしたい!

じっちゃまん☆ロックオン!(水もしたたるいいオス犬 マメゾー)

いろりがリビングの窓から外を見るとマメゾーさんのご自宅がある。
f:id:Toyohisa:20140708222812j:plainf:id:Toyohisa:20140708222823j:plain
何度も言うが、マメゾーはいろりが大好き。
いろりがリビングにいるとすぐに気が付いて窓の下で騒ぐ。
マメゾーがあんまりうるさいと、
いろりお茶碗に水を入れて、
窓を開けて、
じゃばっとマメゾーめがけて水をかける。
f:id:Toyohisa:20140708222841j:plain
マメゾー慌てふためく。
水をぶるぶるふるうマメゾー。
それを窓から見て、笑ういろり。
f:id:Toyohisa:20140708222904j:plain
相変わらず、最低なんですけど。
それでもいろり大好きは変わらないマメゾー。
け・な・げ♡
ある日いつものようにリビングでお茶を飲んでいると、
マメゾーがいつにも増してうるさい。
いろり、いつもより水をたっぷり茶碗に入れて、
じゃばっとやった。
「わっ!」
と人間みたいな声が上がった。
いや、人間の声だ。
ガスの検針のおじさん、
しゃがみこんで、マメゾーとじゃれ合っていたのだ。
いろり、やっちまった。
隠れてないで、おじさんに謝れ。
f:id:Toyohisa:20140708222939j:plain
ついでに、とりあえず、マメゾーにも謝っておけ。
どうせ、またやるんだろうけど。