どうせなら笑って過ごそうよ!

闘う杏子さんのお話 日常の中の笑いの数々 笑って過ごしても泣いて過ごしても同じ一生。それなら笑って過ごしたい!

ついに 映画「チョコレートドーナツ」を観に行ってしまった

まぁ、なんと言ったらいいのでしょうか。
かなり早い段階から、何かが、どこかから、私の心をゆさゆさ揺さぶる。
勝手に流れ落ちる涙。
決定的な何かがじゃくて、じわじわと 心が震える感じ。

ドラッグにおぼれるシングルマザー 名前忘れた クズ過ぎて。
彼女のもとに生まれ育ったダウン症の男の子マルコ。
ナイトクラブで女装し口パクでパフォーマンスするゲイの主人公ルディ。
超エリート検事ながらもルディに一目ぼれするポール。
でもなかなかゲイをカミングアウトできない。
このゲイカップル マルコにそれはそれは愛情を注ぐ。
二人のパパと息子は 心でつながっているんだなー。

ハッピーエンディングではないの…

主人公ルディを演じたアラン・カミングスの熱唱が今でも頭から離れない。

これ実話をもとにしてるらしいですぞ。

この時代のゲイはさぞかし差別されてたんだろうね。

あぁ、今でも泣けてくる。
f:id:Toyohisa:20140616183729j:plain