どうせなら笑って過ごそうよ!

闘う杏子さんのお話 日常の中の笑いの数々 笑って過ごしても泣いて過ごしても同じ一生。それなら笑って過ごしたい!

捨ててはいけないものを捨ててしまった話

ヨーグルトを食べる時使うシリコンスプーン。
2本のうち一本がいつの間にかなくなった。
ありそうな場所は全部探したが、どうしても見つからない。
もう諦めよう。
もう一本あるし。
そのうちすっかり忘れていた。
今日までは。
仕事から帰って、急いでご飯を作って食べた。
そのあと半分だけ残っていた明治ブルガリアヨーグルトを食べた。
半分だけだったのでそのままシリコンスプーンですくって食べた。
食べ終わって、容器を捨てた。
そして、はっと気がついた。
シリコンスプーンも一緒に捨てちゃった。
あわててごみの中からスプーンを取り戻す。
あぁ、こういうことか。
たぶん、もう一本は捨ててしまったのだ。
この前、容器のままヨーグルト食べた時だ。
情けない。
しかし、捨てるかなぁ?
深く反省。


学生時代の話。
月末で実家からの仕送りのお金が残り少なくなった。
あと2日持ちこたえないと。
学食でのランチ代は取っておかないと。
幸いお米はあった。
ご飯は炊ける。
後冷蔵庫に卵が一個だけ。
夕食はご飯と目玉焼きと決めた。
寮の共用キッチンのガスコンロ。
フライパンを熱して、油をちょっと入れる。
油が全体に行きわたってから、卵を割る。
こんこんと台所のシンクのふちでちょっと割って。
中の卵を三角コーナーの生ごみ入れにポトッと落とす。
ちょっと待て!
ぎゃぁーーーーっ!
たった一つの卵が!
呆然。
そのうちフライパンから煙が出てることに気がついて
あわてて火を消す。
だって、もうフライパン使わないの。
涙。
残ったのはご飯だけ。
唯一、塩以外でご飯のともになりそうなものがあった。
それは梅こぶ茶。
その日の夕食は、梅こぶ茶かけご飯。
なけなしの卵を失った心の痛みだけが残った。

それは、マイナーな地味めの映画しか上映しない小さな映画館。
会員になると、月に一枚無料鑑賞券がもらえた。
最低でも月一回はそこで映画を観ることにして入会。
仲良しの友達も同時に入会。
毎月二人で一緒に無料券使って映画を観に行った。
ある月、お互いに時間が合わず、何も観に行かなかった月があった。
そして翌月、いつもの友人からメールがあった。
見たい映画があるから一緒に行こうと。
もちろんオッケー。
当日朝、前月使えなかった無料券と今月の券があった。
要らない方を捨てて出かけた。
そして映画館の入り口。
係の人が私を止めた。
「これ期限切れの件ですよ。先月末までですよ。」
げっ!
私、有効な方を今朝破いて捨ててきた。



そうよ、私は要るとわかってるのに捨ててしまう女。
(さそり座の女のメロディーにのせて♪ ちょっと苦しいか。)


結局、日本3大要るものを捨ててしまった事件となった。

岡部洋食器製作所 シリコンクリーナースプーン (L) SC-03

岡部洋食器製作所 シリコンクリーナースプーン (L) SC-03