どうせなら笑って過ごそうよ!

闘う杏子さんのお話 日常の中の笑いの数々 笑って過ごしても泣いて過ごしても同じ一生。それなら笑って過ごしたい!

レジェンドなスポーツ解説者

 

ソチオリンピック葛西選手のおかげでレジェンドと言う言葉が流行りそうな予感。

 

 

 

スポーツの中継界でレジェンドと呼ばれてもいい方々です。

 

 

 

その1 - 松木安太郎

 

 

 

ご存知サッカー解説者。

 

勝手にしゃべって勝手に納得。

 

とにかく自由。野放し。

 

どんなことを言ってるかは、生で見るのが一番だが、

 

ちょこっとNAVERまとめで探してごらんあそばせ。

 

しばらくそれで笑っていられる。

 

 

 

 

 

その2 - 佐野稔様

 

 

 

フィギュアスケーター。結構実績のあるお方。

 

高橋大輔がなんかの大会で4回転飛ぶ前に、

 

「いけー!

 

飛んだあとに、

 

「よしっ! 男!

 

解説そっちのけだった熱いお方。

 

見ていて思わず吹き出した。

 

 

 

 

 

その3 - 増田明美

 

 

 

往年のマラソン選手。

 

バラエティタレントと思われている。

 

いつだったかのオリンピックでエチオピアのロバと言う女性選手が先頭だったときに、

 

「ロバさんはねぇ○○でねぇ。それでロバさんはXXなんですよ。」とおとぎ話でもするかのように緩く語り続けた。

 

最近では、マラソンや駅伝の中継で、競技と関係ないウンチクを際限なく語り、どんな話題でも横入り出来る知識の広さで周囲を唖然とさせた。

 

 

 

そして、なんと言ってもすごいのが、

 

 

 

その4 - 中田久美

 

 

 

往年の女子バレーボール日本代表の名セッター

 

バレーボール中継でおっさんと化す。

 

「おーし!行け行けっ!

 

「よっしゃぁーーーーー!

 

「何やってんだよッ!

 

など、そりゃもう男らしい。

 

ご本人はとても美人です。

 

 

 

 

アイ・アム・レジェンド [Blu-ray]

アイ・アム・レジェンド [Blu-ray]