どうせなら笑って過ごそうよ!

闘う杏子さんのお話 日常の中の笑いの数々 笑って過ごしても泣いて過ごしても同じ一生。それなら笑って過ごしたい!

ははは…自由って楽しい!

今朝、通勤電車の中。

 

ドアの近くに2人の(推定)小学2年生。

次の駅で,もう1人合流。

3人の会話。

「ああ、寒かった!」

「お前、カレー食べた?」

「におい良いな。お前。」

「鼻が良いんだよ。」

「嗅覚だよ。」

「お腹すいた。」

XXは?」

「あいつんち、犬がいる。」

「ダックスフント。」

「いつから犬の話?」

「今だ。」

「あ、降りなきゃ。」

「おいてくな!」

「パク・クネ 孤独な夜」

(たぶん週刊誌の中づり読んだ。)

「あ、手袋おとしたぞ!」

「俺だ。」

「良かった!」

 

 

まったく自由ってやつは ○△□×