読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうせなら笑って過ごそうよ!

闘う杏子さんのお話 日常の中の笑いの数々 笑って過ごしても泣いて過ごしても同じ一生。それなら笑って過ごしたい!

やられた!

うけを狙って 実家に郵便を送る時 とっておきの かっぱびんせんと封筒を使った きっと 母は大爆笑 間違いないウキウキしながら 郵便をポストに投函した その日の晩母から郵便が届いていた なんて偶然 そう言えば 実家に届いた私宛の郵便を 転送してあげると…

よくある思い込み

私が新しいマンションに引っ越した時の話電話で母に「IKEAで家具買った」後日母がうちに来て「これがイケヤで買ったやつね」発音もおかしいがアクセントもおかしいわかったこと母の頭の中ではいけ屋になっていた老舗家具屋?***ヤフオクのコマーシャルを…

冬のファッション  あの人 編

そう うちの母。 冬の寒い日。 帽子の意味はあるのだろうか?エディバウアー トートバッグ (ダークグリーン) Eddie Bauer トートバック出版社/メーカー: Eddie Bauerメディア: その他この商品を含むブログを見るEddie Bauer (e-MOOK 宝島社ブランドムック)出…

枕-旅立ちの朝

私の枕コレクション。 別に集めようと思って集めたわけではない。 ベストな枕をと思ったら、次々手を出していただけなのだ。通販生活のメディカル枕。 どっかの王様枕。 テンピュールの枕。 その他いろいろ。田舎の両親がうちに泊まりに来た時なんかは、お好…

あれも愛 これも愛 昆虫愛

一般的に、甥っ子や姪っ子、孫は無責任に可愛い。お盆にパパ・ママを差し置いて、甥っ子が一緒に寝たい人として私を選んだ。 おばちゃん喜んだね。 一回、危うく殺されそうになったけど、それでも可愛い甥っ子なのだ。 それは母も同じ。 孫は可愛くてしょう…

クロックスの根性

クロックスのサンダル。 あれって本当に楽でしょうがない。 あの足指の解放感。 そして、雨の日のビーサン的活躍。 ベランダ用としても欠かせない。 普段の生活になくてはならないものとなっている。 (私談) ただし、スーパーの床やエスカレータにはちょい…

母の高笑いが聞こえる

お盆に実家に帰省した時の話。田舎ゆえ、我が家にも庭のようなものがある。 そこは、夏になると草ボーボー。 夏の草むしりって結構大変。 炎天下に中腰でかがんで草むしりなんて想像するだけでしんどい。 立ち上がるときは、ふらっとしそう。 母も、よせばい…

うちの母に言わせると

佐々木蔵ノ介とユースケ・サンタマリアの違いが分からないそうだ。 まず 第一に名前がすごく違う。 確かに、顔は同じ系統かもしれない。100個入り 本物ソックリ カプセル レター メモ 使い方いろいろ かわいい カラフル カラーと 表情の 小さな 手紙 カプセ…

AKB総選挙

夕方母と電話で話をした。 AKB総選挙の話題になった。 私が、今年はまゆゆだよと言うと。 母は、それはないね!サッシーだよと自信たっぷりに言う。 いい年をした母娘が電話で話すこととは思えない。結果、まゆゆが一位だった。 私は早速母にメールした。ふ…

そうきたか!

母はやっと私の買ってあげた大相撲 遠藤のストラップを携帯につけたそうです。曰く、「傷がつかないように、ビニール袋に入れてつかう事にした名案でしよ」そう言われてもねぇ。かなり邪魔なんじゃない?

アボカド 輪廻転生

母が必死に見守っていたアボカドがだめになったそうです。 芽が出た季節がもう秋だったので、冬に向けて芽が出たこと自体奇跡だったのでしょう。でも、驚くことにその後もアボカドを食べ続け、種を育てようと頑張り、その中の一つに芽が出たそうです。 あの…

大相撲5月場所観戦記 - 自由な母その2

そうなんです。 オリンピックおじさんの前に、もっと社交界を渡り歩いていたのでした。 栃乃洋は2012年に引退し現在竹縄親方として、相撲協会の仕事をしています。 母と同郷の力士で最高位は関脇まで昇りました。 遠藤以前は、栃乃洋を熱心に応援しておりま…

大相撲5月場所観戦記 - 自由な母その1

母は今回入念に準備した変なアップリケ付きのピンクのポロシャツを断念しました。 私の無関心が原因ではありません。 他に良いピンクのTシャツがあったからです。 鮮やかなピンクのノースリーブのTシャツの上に白いブラウスを羽織ることにしたのです。 当日…

母の暴挙 at 国技館

数年前に五月場所を観に行った時のことだ。 ちょうどその頃、横綱だった朝青龍の素行の問題が大きくクローズアップされていた。 そして、彼を糾弾する急先鋒だったのが、脚本化であり作家でもある内舘牧子さんだった。 彼女は女性唯一の横綱審議委員だった。…

母 知ったばかりの知識をひけらかす

弟と甥っ子がうちに遊びにきた。 小学2年生の甥っ子は可愛い。 母は小さいころの弟にそっくりな甥っ子が可愛くて仕方が無い。 なので、写真を送ってあげようと思った。 メールで、 「後で、写真送るね!」 と伝えると、 「ありがとうね。私の携帯は 柄系だから…

毎度おなじみ母ネタ

昔オーストラリアに両親を連れて行ったことがある。 とても喜んでくれた。コアラを観に動物園へ。 喉が渇いたので何か飲もうということになった。 そこに売店がある。 父はコーヒーを頼んだら、コーラが出てきてうろたえた。 私が違うと言って変えてもらった…

母の遠藤愛

遠藤と同じ出身地の母。 遠藤愛が半端ない。 私も遠藤を応援してるから、ある程度はわかる。 その日の勝敗は気になる。 でも、普段仕事中。 母は必ずメールで報告をくれる。こんな感じ↓今 負けたよ。日馬富士にやっぱり横綱は 強かった。でも善戦したよ簡単…

母と娘の攻防 - 宅急便編

母からのメール。 「宅急便を送りたいから、都合のいい時間を教えてください。」面倒くさいから宅配ボックスに入れるようにしてと返事した。後日届いた荷物。 宅配ボックスにちゃんと入っていた。 ところが、その荷物の送り状の備考欄を見てぎょっとした。 母…

ポポー

ネズミ先輩ではない。 古すぎて通じないか…聞いたことない人が多いと思う。 果物の名前だ。 英語ではPawpawという。 発音はポーポーの方が正しいかも。父が海外で食べておいしかったので、どこかで種を入手して育てたらしい。 母のミニミニミニミニ農園の新…

情熱大陸 アボカド

田舎の両親にアボカドとトマトを細かく切ってピエトロドレッシングをかけたサラダを作ってあげたのは確か去年の夏だった。 それはそれは喜んでくれた。 あのアボカドの食感は初めて口にするとびっくりする。 100%植物のくせして、あのトロンとしたクリームの…

行った人しかわからない話

母は一度死にかけた。 家の離れにある物置きの2階に物をしまおうとしていた時、はしご状の階段から バランスを崩して、頭から地面に落ちた。 その後、這って家まで戻り、父のところまで辿りついてから気を失った。 父はびっくりして救急車を呼んだ。 母は集…

離れて住む母と娘の往復メール

娘 こっちは耳がちぎれそうなくらい寒いよ。 そっちも寒くなるみたいだから気をつけてね。 母 ありがとう。耳あて送ろうか? 娘 大丈夫。千切れたら拾って付ける。 母 じゃあ接着剤送ります。 (どちらも負けず嫌い) ベアー/くま イヤーマフ(耳あて)可愛い…

DNA

昔むかし、一家団らんの時間のことだ。 両親と姉と弟が仲良くコタツに入って、テレビを見ていた。 そこには冬の定番お茶とみかん。 父がふと言った。 「キィウィって何科の果物なんだろうね。どれにも当てはまらない気がするけど。」 母が言った。 「ちょっ…