寝る前に思い出したことですが

なんだかんだで怒ったり、凹んだり…でも夜寝る前には一つだけクスッと笑えることを思い出してから

やってはいけないと分かっているのに つい...

急に寒くなってきたせいか、乾燥で手あれが始まった。

気が付いたのは朝のスムージー作りの最中。

小松菜、パセリ、トマト、キュウリ、そして亜麻仁油少々をミキサーにい入れてガァーーーッ!

その間にレモンを絞る。

ミキサーを止めて、レモン汁と塩を入れてもう一度ガァーーーッ!

のはずが、

レモンを絞っている時に、親指の先に激痛。
知らない間に小さいぱっくり割れがあったみたい。
痛いのなんのって。
痛すぎて水で流せばいいのにしばらく固まっていた。

乾燥って怖いわ。
気を付けないとと思い、その日の内にハンドクリーム買ってきましたよ。

その後は刺激物を触る時は最新の注意でビニール手袋したり、
親指の小さいぱっくり部分が触れないようにとメチャクチャ気を付けた。

でも人って一瞬油断するんだよ。

納豆食べる時にうっかりやってしまった。

パックを開けて、上のビニール膜を丁寧に外して、
たれパックをものすごーく注意して開封
そして納豆にたらす。
次は、からしパック。
こちらも親指の患部がふれないようにタラーリと落とす。
完璧じゃん!

そんな時に人は油断する。
その用の済んだからしパックをごみ箱に捨てようとしたとき、
なぜか袋が手にへばりついて的に入れられず、
別の料理の上に落ちそうになった。
瞬間、私にもちゃんと瞬時に反応する運動神経がまだあったのか、
落下直前に受け止めた。
セーフ!

ところが、違う意味でセーフじゃなかった。
親指と人差し指でその袋をつかんでいた。
当然というか、予定外というか、
再びの激痛。
折角治りかけたのに…

やってはいけないことは
やってはいけないと思っている間はやらない。

一山超えてた時に不意打ちでやって来る。

学習しました。
でも、この学習が役に立たない一瞬はあちこちにあるのだ。

がっくり。

アトリックス メディケイティッド A ジャー

アトリックス メディケイティッド A ジャー

声をかけあうことのない人々

先週のことだった。

毎朝かなり混みあう電車で通勤しているが、その日は他の路線に何かあって
その乗客が流れてきたのかいつも以上に混んでいて、乗客の中には
すでにイライラが顔に出ている人も少なくなかった。

そのぎゅうぎゅうの中で、今頃気が付いたことがあった。
奥のほうから降りたい駅で確実に降りるためには必死に人をかき分け前に
進まなくてはならない。

そういう場面で私だったら、

「降りまーす!すみませんーん!」

とか言いながら周りの人に断りながら降りようとすると思う。

でもでも、

最近は手が先に出る人が多い。
というか、声も出さずに平気で人を押しのける。
そういう状況を見てたまらず、

「降りる人がいまーす!」

と変わりに声を発する少数派の一人が私です。

これって海外では体にタッチするだけで大問題もあるのではないかと
思うのですが、どうなんでしょ?

イギリスで地下鉄おりたいひとなんて

エクスキューズミー プリーズ!

とか声かけていたぞ。

で、人を押しのけたりするから、たまにもめてたりする。
押されて激怒し反撃する人をたまに見かける。

そう言う私も、前後左右から押されて、
いちいちそれに反応してよけていたら、私の後ろにも
降車したい人がまだいたらしく、思い切り押された。
というか、たたかれたと言った方がいいくらいだった。

「誰?ひどい!」と思ってそちらの方を見ると、
怖い顔したそう若くない女性が私をにらんでいる。

私が唖然としてそっちを見ていると、その女性は
そんな場合じゃないと気が付いたのか逃げるように電車から
降りていった。

あれ時間があったら、言いがかり漬けられそうな感じの顔だった。

あーあ、彼女は勤め先に着くまで、
ひょっとしたら仕事中も午前中いっぱいかもしれないけど、
イライラとストレス最大で過ごすんだろうな…
そんな表情だった。

しかし、声をかけあえば、分かり合えるからお互いいい感じで過ごせるのになぁ。

声出しちゃいけない決まりでもあるんだろうか?
私は知らない法律とか。
ないない。

人との会話ができない人が増えたのかも。

声に出すだけでストレス軽減するのにね。

残念な今日この頃です。

声を出して笑っていただきたい本 (ヨシモトブックス)

声を出して笑っていただきたい本 (ヨシモトブックス)

文庫 声に出して読みたい日本語 1 (草思社文庫)

文庫 声に出して読みたい日本語 1 (草思社文庫)

幸運は中の下くらい

12月になると急にあちこちの商店街で福引を見かける。

私も週末商店街の和菓子屋さんでくずもちを買ったら、いただきました福引券。
一回引けるとのこと。
店員さんに案内された場所に行くと,山積みのカップヌードルの横に
あのカラカラ回して出てきた玉の色で当たり外れが分かるヤツ。

早速一枚しかない福引券を渡して、カラカラ回す。
2,3周回しても何にも出て来ない。
なんで?
そして言われました。

「あら、あなたまわす向きが反対よ!」

ボケたつもりなど全然なかった。
少しだけ違和感はあったけど。

そして正しい方向に回すとすぐに赤玉が出てきた。
その瞬間、例のでっかい鈴がチャリンチャリンと鳴り、
「おめでとうございます!」

わっ!当たった!

500円相当の商品券でした。
なるほど、少額当選で多くの人にあたるパターンか…
カップヌードルが外れか…

あまりくじ運の無い私は超ご機嫌。
その夜母に自慢したものだ。

母は言った。
調子に乗っちゃだめだよ。
運は小出しがいいんだよ。

おっしゃる通りですが、私は宝くじ買ったら当たるんじゃないかぐらい
調子に乗っておりました。

で、翌日商店街をぶらぶらしていると、
商店街の福引きを知らせる放送が入っていた。

末等はやはりカップヌードル
3等が500円分の商品券。

えっ?
あれは、1等じゃないってこと?

結局、2党が千円分の商品券。
一等は5千円分商品券。

そうか、上があったのね。
若干盛り下がる私。

その私を元気づけるかのように放送は続いた。

特等があった。
それは、某演歌歌手の新春公演ペアチケット…

不思議なくらい500円でよかったと素直に喜べた。

ペアチケットって。
誰がその特等をきめたんだ。
嬉しい人ってそんなに多くないぞ!

幸運は中ぐらいのちょっと下あたりでいるのが幸せだ。

井村屋 つぶあんトッピング 130g×2個セット

井村屋 つぶあんトッピング 130g×2個セット

心の叫びが口に出る時

皮膚科に行った時のこと。
臨時で休診の後の再開ということもあり、いつも以上に混んでいた。
仕方ないので、その近所での買い物を済ませたりして結構な時間をつぶし、
戻ってみると運よく待合室に空席がぽっかり出来ていた。
そこは3人掛けのソファで左に年配の女性、右に1歳児を膝にのせた若いママ、
その真ん中だった。
すいませんとか言いながら、間にお尻から入り込んだ。
1歳児はじっとしてることができるはずもなく、足を動かすと
私の膝にあたるので、若いママさんは謝りながらその子の足を反対側に
持って行った。
かわいい子で男の子か女の子かわからない。
葵靴だから男の子だったのかな?

どうやらかなりの時間をそこで費やしたとみられ、ママさんは
その子にタブレットアンパンマンの動画を見せてじっと座らせる作戦で
しのいでいた。
子供は好きな動画を見るとおとなしくなるらしい。
それでも あー 〇〇パンマン!!!とか声をあげながら
時々ママさんに これスキ!とかかろうじて言ってることが私にもわかるレベルで
ずっと話していた。

ママさんはかなり待ちくたびれた様子で、子供にもう少しだから我慢してねー
などと言っていたけど、それはたぶん自分に言い聞かせたのだろうと思う。

幼児は容赦なく元気にしゃべりまくり、ママさんも適当ながら相槌をうって
ごまかしていた。

隣の私は、なんて忍耐力のあるママさんだと感動していた。
本当に根気よくおしゃべりに付き合っていたから。

そんな時、ほんの一瞬、まるでテレビドラマで言えばナレーションのように、

あぁ。疲れた...

とものすごーく小さい声でつぶやいたのを聞いてしまった。
そりゃそうだ、たぶん2時間ぐらいそこで頑張っていたはずだから。

きっと、心のこえだったんだろうな。
無意識で発していたようだった。

私、赤の他人だけど頑張れと思ってお隣にいましたから。

彼女の順番になり呼ばれて診察室へ入っていった時は、なんだかわからないけど
良かったね!と声かけそうだったわ。

その後も診察室から、お子ちゃまの楽しそうな歌声と、看護師さんの
だめだめ そっちはだめ!と慌てる声も聞こえてきた。

親子が診察を終え、支払い済ませて出ていくときは、もうスタンディングオベーション気分でした。


そうだね。
たまに声に出して言わないと、ストレスはたまるからね。

診療所の待合室の人間ウォッチングは結構面白いことがある。

黒のタートルネックを買うにあたって

ユニクロではかなり高級品のカシミヤタートルを買おうと張り切って出かけた。
でも、実物を見て、値段を見て、これは買う価値があるのか悩んだ。
なぜなら、ニットはメンテナンスが難しい。
ビヨンビヨンに伸びきってダメになることもあるし、
何かに引っ掛けて穴が開くことだってある。
超長持ちのニットって無いと思うから。

ユニクロでなければ悩まないのかも。
7千円は高いな…
気軽に洗濯できる方がいいか。

しばらく考えてから、無印良品に行ってみようと思った。
無印良品の衣類は長持ちで丈夫。
長袖ボーダーTシャツなんて、色違いで何枚買ってしまったことか。
売り場でニットを見まくった。
良いのがあった!
チクチクしない、洗える黒のタートルセーター。
バリエーションもあった。
良かった…
良いのがみつかりましたー。

ついでに何か面白いものはないかとしばらく店内をぐるぐるした。

スクリューキャップの朝型のいい感じのお弁当箱発見。
お値段390円。ちょっと買ってみよう。

どういう訳か、ユニクロからの無印良品に移動しての買い物が多い気がする。
f:id:Toyohisa:20181202233356p:plain