一日のしめくくりは笑顔で☺

なんだかんだで怒ったり、凹んだり…でも夜寝る前には一つだけクスッと笑えることを思い出してから

電車で何だか幸せな気持ち

そのおばあちゃんたち可愛かったんです。

帰りの電車。
もうすぐ駅に到着という頃、目の前にいつの間にか3人のおばあちゃん。
二人は腰が曲がっていて、もう一人はちょっと若い感じ。

目の前のおばあちゃんたちに気が付いたのは、そのうち一人がよろけそうになったから。
これはいけない!
そう思って、「1席しか空いてないんですけど、よろしかったらどうぞ座ってください。」
声をかけました。

そしたら、おばあちゃんたち、
「いえいえ、良いんですよ。私たち次で降りるから。」
「降りる時出遅れたらいけないと思ってここまで来たんです。」
「あっちのほうで座ってたんですよ。」
と次々におっしゃいました。

その笑顔の明るいこと明るいこと。
こっちまで笑顔になる感じ。
3人しっかりお互いにつかまってつながってる感じもまた可愛い。

駅についた時、車内アナウンスで、
「お出口は右側です。」
と案内。

私はそそくさとそちら側に移動。

するとおばあちゃんたち、
「右ってどっち側だ?」
「あ、こっちだよ!」
「年取ると、わかんなくなっちゃうねぇ。ははは。」

私、
「こっちですよー。」
そういいながら降りたら、
天使みたいな無邪気な笑顔でこっち見てた。

やけに可愛かったな。

こう言うことで幸せな気分になれる私。

悪くない。

ソフトクリームも濃厚すぎると食べ過ぎないで済む

東銀座にある岩手県物産館。
その中にある小岩井のソフトクリーム。
これが濃厚なんてもんじゃない。
こってり生クリームがそのままソフトクリームになった感じ。

初めて食べた時、お値段も安いし、うっかりMサイズをたのんだら、
その濃さにびっくり!
美味しい!
食べ応え十分。

でも、全部食べるまでに若干苦しくなった。
極限まで凝縮したキンキンに増えた生クリームを食べてるような感じ。

今度食べる時はSサイズにしようと心に誓った。

そして、昨日2回目の濃厚ソフト。
Sサイズでもあの満足感。
食べ終わった後のすっきり感は以外なくらい。
クリーム分が濃厚なだけに、甘さは押さえてあるのだと思う。

適度の稜の美味しいものが一番だわ。

食べ過ぎるとありがたみがなくなってしまう。
いい感じの満足感。

自分の傘の持ち方が危ないと気が付かないんだろうか?

いまだに閉じた長い傘の真ん中あたりも手で握って、手の振りとともに後ろを歩く人を危険な目に合わせている人が少なくない。
周りを見たら、気づきそうなものなのにと思ってしまう。
でも、見てないんだろうな。
そして、何も考えてないんだろうな。

ある意味かわいそうな人たち。

雨の中歩いてきて、駅の構内に入った途端、水を切るために振り回す人。
あれも自分のことだけ考えて、まわりは見てていないんだろうな。

そのうち誰かに殴られるぞ。
おとなしい人ばかりじゃないし、朝からイライラしてる人いるからね。

私は電車に乗る時には、濡れた傘はなるべく自分の体にペタッとつけるようにしているけど、
思いっきり人にあたったり、下手すると傘の先っぽが靴のかかとに刺さってるときもあるぞ!

そんななか、電車内や駅構内で,最近ちゃんと傘いれを持参してしまいこんでる人を見かける。
あれがあれば、お店はいる時も、あのビニール袋に焦りながら傘をしまい込無まで、
店先でもたもたすることもない。
するっと傘が入る十分な幅があり、肩にかけることもできるから邪魔にもならない。
いいな。いいな。

そんなわけで、あちこち探している最中。

傘を上品にもって歩きたいもんだわ。

アンブレラケース ピアノサンディ

アンブレラケース ピアノサンディ

そうめん長者

なんでだろう?

夏の終わりにやたらそうめんが残っている。
自分で買った物はひとつもない。
全部貰い物。
今年最初にもらったそうめんがあとちょっとで完食!と思ったら、さらにいただき物で増え、
その後もう一回もらってしまった。
ちょっとした わんこそうめん状態。
意味が分からないけど。
これって締め切ることはできないし。

食べなくちゃ…

えっと、キュウリと豚しゃぶとしょうが、プラスごまの和風だしそうめん。

それから、トマトと白玉ねぎを細かく刻んで 酢とハーブ塩とオリーブオイルの汁のさっぱりサラダ風そうめん。

うーん、にんじん、にら、シーチキン、ごま油。そうめんチャンプル。

めったにやらないけど、そうめんをサラダ油でこんがり揚げてから茹でて中華麺風にして、焼きそば風。

今年はもうそうめんもらいませんように。

わけのわからない願い事。

久原醤油 あごだしつゆ  500ml

久原醤油 あごだしつゆ 500ml

シャインマスカットってこんなに美味しいんだ

果物やさんの店頭で見かけていたものの、そのお値段の高さで敬遠していたシャインマスカット。
今日はちょっとした仕事のストレスから抜け出た感があり、何だか気が大きくなっていたせいで、ついに禁断の果実に手を出してしまった。
ひと房で890円。 ひぇー高級ー。
でもその分高品質の非常にきれいなひと房でした。
過去形ということは、すっかり食べてしまったということ。
家に着いたら、シャインマスカットをささっと洗い、一粒食べてみた。
なんだこれは!うまい!うますぎる!うまいの最上級!うまさMAX!
お値段以上の感動。
もうアンストッパブル
一気に胃袋に入ってしまった。
高級果物って、人によっては1万円以上のメロンのことだろうけど、この890円は私にとってはものすごく高級品。
一気に食べてしまったのになんだろう?この充実感。
皮の繊維質も身の生ジュース感も、さらには、美しいビジュアルも 全部にお礼を言いたい気分。

お菓子を食べるより、果物のほうが絶対いいはず。

明日は、高級20世紀梨買っちゃおうかなー。