笑い飛ばして本日の〆

なんだかんだで怒ったり、凹んだり…でも夜寝る前には一つだけクスッと笑えることを思い出してから

食べれば〇〇 なるほど

平野レミ先生はおっしゃった。
「見た目じゃなくて食べておいしければいい」みたいなこと。

この前テレビでは食べればコロッケだとかおっしゃって
ものすごい作品をご披露していた。
でも美味しそうだった。

そうなんだよな…
見た目きれいでも美味しくない料理より
見た目がどんなにハチャメチャでも美味しければ満足。
そういうものなんですね。

で、今日とてもきゅうりが食べたくなったので、
帰りの電車で考えた。
きゅうりはあった。
どうする?

ひらめきました!
海苔があって、すし酢があって、白ごまもあった。

そうだ!なんちゃってカッパ巻きだ!

ご飯を電子レンジでチンしてから、
アツイいうちにすし酢を混ぜる。
そこに、キュウリを適当に細かく切ったものと、
白ごまをすったもの、ついでにしょうがの千切りを加えて、
最後にその上に海苔を手で細かくちぎってパラパラとかけた。

とってもかっぱ巻きだった。
しかも、思った以上に美味しかった。

調子に乗って、明日は納豆巻きもどきをやろうと考えている。

さ、寝よ!
お休みなさい、レミ先生!

角大産業 ゴマすり器 スリッキーN

角大産業 ゴマすり器 スリッキーN

ネギ侍め!

それは先週木曜日当たりの話。

会社帰り、地下鉄降りて地下道を歩いていた時。

大体は前方下の方に目線を落としながら歩いている私。

ロングスカートの女子とすれ違いざま、頭に衝撃があった。
はたかれた感じで、しかもその後なぜかネギ臭がした。

えっ!と思って振り向いた時、その理由が分かった。

すれ違った女の子がリュックにネギを一本差していて、
そのネギが思いっきりはみ出ていた。
近くですれ違ったら、完璧当たるぐらい…

なんでだ!
なぜそこにネギだ!

後ろから見たその姿は、まさしくネギ侍だった。

たぶん丈夫でいいネギなんだろう。
当たりが強かった気がする。

f:id:Toyohisa:20181111185130j:plain

そしてタイミングみはからって ゆづくん

一人別次元の演技でした。

まだまだ伸びしろがある感じ。
ジャンプはこれからもっとすごくなるのでしょう。

後半難しい連続ジャンプでなんとか持ちこたえた時の
二人のコーチの喜び方がツボでした。

ザキヤマ的なおっちゃんと似たような感じのおっちゃん二人。
ほほえましくなりました。

しかし、ゆづくんみたいにすでにトップ中のトップで
もはや伝説となってるレベルの人って
どんなモチベーションで前にすすんでるんだろうか?

最近やりたいことの目標が定められない感じの
いろんなことをやりつくした感のある中高年の私は
そこが知りたい。

良い日曜のよるです。
ホント

あれはジャニーズのリーサルウェポンだわ

昨日のお昼久しぶりに日テレの「メレンゲの気持ち」をみた

ゲストには大好きなゆりやんがいた。
これは面白そうと思って見たら、破壊的に面白かった。
面白かったのはゆりやんではなくて 
キング&プリンスの平野くん
もはや母親世代さえ飛び越えてる私だけど
こんな面白いアイドルが出て来るとは…

ひと頃、滝沢カレンちゃんが出てきてかなり衝撃を受けたけど
もう超えてます。
天然とか言う言葉でまとめられないほどの
発言する度面白すぎて
笑いの突き上げ方が激し過ぎて
吹き出すときに一瞬声が出ないほど
苦しくなるくらい笑わせていただきました。

言葉のセンスが破壊的
狙ってない発言が想定外
いたって真面目な感じで
自分の発言を自分で把握していないかもといいう
今まで見たことない人種だわ

今も林先生の初耳学見たら出てるので
裏のフィギュアをチラ見しながらも
こっちを見てしまう。
面白いことを見逃したくないと思うから。

ゆりやんはものすごく考えた笑いで大好きで
友近とたまにやってる「おかみさんと若女将」シリーズ(勝手に名付けている)は最高

でもね
狙ってない意外性の笑いはやっぱりインパクトがすごくて見逃したくないです。
一瞬で通り過ぎるから。

きっと彼はしばらくバラエティで引っ張りだこでしょう。
お笑い芸人や文化人などなど
共演者を大混乱させ
しかも彼らの素を引き出してくれそう。

楽しい気分の日曜の夜です。
ホント

YOUR STUDIO LAND?自分らしさ彩る笑顔咲くとき?

YOUR STUDIO LAND?自分らしさ彩る笑顔咲くとき?

キャリーバッグは2度、3度とやって来る

今日は習い事で朝からお出かけだった。
地下鉄に乗って目的の駅まで行く途中、ある駅でドドッと外国人観光客が乗り込んで来た。
数人が大きめのキャリーバッグをゴロゴロ引いていた。

嫌な予感…

案の定、降りたい駅で行く手がふさがれ超慌ててなんとか電車から脱出した。
危なかった。

そして帰り道。
駅のホームにはやっぱりキャリーバッグを引く大勢の外国人観光客。

嫌な予感アゲイン。
気をつけよう!

電車に乗ると意外に空いていてゆったり座れた。
一安心と思ったら、次の駅で数人のキャリーバッグを引く外国人観光客。

嫌な予感リターンズ。
アーンド 予感的中!

カップルの女性の方が私の真横の空席めがけて突進。
私の右足のつま先が軽く轢かれた。
ちょっとあんた!
とは覆ったが、ここで目くじら立てても相手は外国人観光客だし仕方ないか。
その彼女の前に立つ彼氏は自身の前、彼女との間にキャリーバッグを置いて
つり革につかまり彼女と談笑。
そして、次の駅が近づき、ゆっくりと電車にブレーキがかかった時、
物理の法則でそのキャリーバッグが私の方角にゆっくりスライド。
私の膝がストッパー代わりにされた。
彼は 「ソーリー!」と言ってくれたが、
心の狭い私はノーリアクションが精いっぱいだった。

まさか3回も被害にあうとは…

なんて日だ!!!